人事労務解説

雇用保険とは?② 受けられる給付は?気をつける注意点を解説【2021年度版|最新情報】

前回までは雇用保険の目的や概要、対象となる労働者についてまとめてきました。雇用保険の給付は基本手当(失業手当)が一般的ですが、その他にも労働者の不測の事態に備えた豊富な保険があります。ここからは、雇用保険の具体的な給付と雇用保険加入後の注意点についてまとめていきます。

雇用保険とは?① パートやアルバイトでも入ったほうが良い?【2021年度版|最新情報】

雇用保険とは、労働者が失業したときや育児や介護で休業した時に給付を行う労働者のための保険です。雇用調整助成金などの助成金の支給も雇用保険から行われます。パートやアルバイトであっても週20時間以上働く場合は加入の必要があります。本ページでは雇用保険の概要を紹介していきます。

労災保険とは?② 
申請の手順を具体的に解説【2021年度版|最新情報】

前回までは、労働者の生活を守るための制度である、 労災保険の目的や概要、給付条件や補償内容についてまとめてきました。 ここからは、労災保険の給付を申請する際の手順や労災として認められるケースをまとめていきます。

労災保険とは?① 給付条件は?
労務担当が抑える基本を簡単に解説【2021年度版|最新情報】

労災保険とは、業務中や通勤中に発生した事故等を原因とする、 ケガや病気、障害、死亡に対して保険給付を行い、生活を補償するための制度です。 労働者を一人でも雇用したら、会社として加入する義務があります。 本ページでは、労災保険の目的や給付条件、補償内容等をご紹介していきます。

36協定(三六協定・サブロク協定)とは?② 届け出の手順を具体的に解説【2021年度版|最新情報】

前回までは36協定(三六協定・サブロク協定)の目的や概要、 届け出が必要な企業についてまとめてきました。ここからは、 実際に36協定(三六協定・サブロク協定)を手続する際の流れや注意点をまとめていきます。

36協定(三六協定・サブロク協定)とは?① 必要なタイミングを簡単に解説【2021年度版|最新情報】

36協定(三六協定・サブロク協定)とは、「労働基準法36条に規定する労使協定」で、 会社が1日8時間、1週間で40時間を超えて労働者に時間外・休日労働をさせる場合に必要となります 本ページでは、36協定(三六協定・サブロク協定)目的や必要条件、手続きの流れをご紹介していきます。

一人親方労災保険とは?加入のメリットや条件を簡単に解説! 【2021年度版|最新情報】

一人親方労災保険とは、①会社に所属していない②労働者を雇わず仕事を行う方を対象に加入できる労災保険のことを言います。一人親方は会社に所属していないため会社で加入している労災保険を使うことができません。本ページでは一人親方労災保険に関して説明していきます。

算定基礎届のやり方を分かりやすく解説! 【2021年度版|最新情報】

算定基礎届とは、7月10日までに年金事務所等へ提出する必要のある届書です。毎年、被保険者についての報酬額の届出をすることで、実際の報酬額と標準報酬月額との乖離を防ぐ機能があります。本ページでは、算定基礎届(定時決定)の目的や手続きの流れをご紹介していきます。

年度更新のやり方を分かりやすく解説! 【2021年度版|最新情報】

年度更新とは、年に1回行う労働保険料の精算作業です。 ① 1年間の賃金総額を概算で申告して納付 ② 概算で申告した額を確定させる ③ 差額を出して、次年度分の概算申告で精算 を毎年繰り返していきます。本ページでは、年度更新の目的や手続きの流れをご紹介していきます。

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから