花上代表インタビュー

安心・安全・感動のサービスで中小企業の経営者を応援
~開設46年、600社以上の実績~

― 今年で開設から46年を迎えられたと伺いました。

当初は手探りで始めた事務所でしたが、幸い、お客さまにも恵まれ、今日まで続けてくることができました。その間、創業時からお付き合いをさせて頂いているお客さまとは、経営者としての苦労も喜びも分かち合いながら歩んできました。お客さまの企業が大きな飛躍を遂げられたケースも多く、成長のお手伝いができたことに喜びを感じています。今ではお客さまの数も累計600社を超え、2世代、3世代にわたるお付き合いも増えてきました。

― なぜ46周年まで続けることができたのでしょうか?

私たちは『お客様には 感謝の心をこめて 安心をお届けいたします』という品質方針を掲げています。そして、安心をお届けする上では、安全確保という基盤を非常に大切にしています。そのために、法改正情報への対応はもとより、社会情勢の変化への対応や情報機器の発達に伴う有効活用・ISOの認証取得など、時代の要請の先端を進んできました。46年も続けてこられたのは、こうした取り組みを通じ『安心から感動へ』――つまり、お客さまに私たちのファンになって頂くことを大きな目標として、いつでも誠心誠意、お客さまの望むその先を目指して、丁寧な仕事を心がけてきたからだと思います。

― 社会保険労務士に依頼するメリットとは何でしょうか。

実は、経営に関わる方でも、社会保険労務士の業務を理解されている方はいまだに少ないのが現状です。
私たちの主な業務の一つに労働トラブルへの対応がありますが、最近のインターネットの発達により、労働者が容易に労働基準法などの情報を得られるようになり、突発的に労働トラブルが発生する事例が増えてきました。その事後対応としては、労働組合、紛争解決機関・弁護士・裁判所等、多くの第三者が関わることになるため、解決までに長い時間と多額の費用が必要になります。
ですから、労働トラブルは発生防止がいちばん大切です。常に改正が行われるこの業界では、労働者がインターネットで収集した正誤も確かでない情報に、いつの法律かも定かではない知識で対抗するのではなく、社会保険労務士の専門的な知識と経験に基づく『問題解決力』がお役に立ちます。

― 専門家に任せることで労務問題は安心、というわけですね。

その通りです。一般に中小企業では、大企業のように本社機能を充実させるのは難しいですよね。そこで私たちは、労務問題に対する問題解決力を基盤とする『企業支援ワンストップサービス』を提供しています。コスト削減、コンプライアンス(法令順守)、リスクマネジメント(危機管理)などへの対応機能を持った『小さな本社体制』を"社外人事部®"により実現します。

― ほかにも、メリットはありますか?

労働トラブル以外にも、いまだ多くの問題を抱えている年金問題への対応や、病気での休業、通勤災害や労働災害など、想定外の事象に冷静に対処できるようにすることで、従業員の方々からの信頼を得ることにもつながります。
先ほども申し上げたように、従業員の方々もインターネット等である程度の知識を得られる時代です。手続の不備などの些細な不満でも、労働トラブルへと発展しかねないので注意が必要です。

― では、花上社会保険労務士事務所の強みは何でしょうか。

私たちは開業以来、業界団体の姿勢や行政サービスのありかたに疑問を呈してきました。行政や業界団体の方を向くのではなく、常にお客さまである企業の視点に立って仕事を進めることを意識しています。例えば、行政窓口に対しても、人事労務の法律専門家として、何でもただ従うのではなく『是々非々の姿勢』で向き合うようにしています。行政からの言葉をそのまま伝え、通知や是正指示などにお客さまを盲目的に従わせるような、役所の手先のようなまねは、たとえ法律の範囲内であっても決していたしません。
ですから、中小企業の場合は特に、経営者の皆さまと私たちとが直接コミュニケーションをとれる環境を築かせて頂いています。何でも気軽に相談できる雰囲気の中で、経営上の諸問題や事業継承なども含め、経営者の皆さまの悩みや心配ごとを伺い、解決に向けたお手伝いをします。ときに難問もありますが、お客さまと一緒に問題を解決できたときは嬉しいですね。

― 中小企業の経営者にとっては、実に頼もしいですね。

私は、社会保険労務士の仕事は、単に行政に対する代行業務を行うことではなく、そこで出くわす『人事や労務に関わる諸問題を解決すること』だと捉えています。人事労務の問題は、中小企業経営者の大きな悩みの一つですからね。私たちはこれからも、士業の枠にとらわれない『経営コンサルタント』として、中小企業の経営支援を行っていく覚悟です。

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから