労務ニュース

花上グループ 人事・労務問題相談室

花上グループ 人事・労務問題相談室

◆ 育児休業中は扶養に入れるの・・・??育児休業の扶養

【 質 問 】
 育児休業中の社員から「収入が少なくなったので、配偶者の扶養に入りたい」との連絡がありました。この場合は扶養に入れるのでしょうか? またその場合は、一度社会保険は資格喪失するのでしょうか? 教えて下さい。

【 回 答 】
 ケースバイケースですが、『扶養には入れることもある』&『扶養には入れない』という回答となります。どういうことか? と言うと...

〇社会保険の扶養には入れません
 育児休業中でも御社の社員(またはアルバイト等であっても)であり、退職していない場合には、配偶者の『社会保険上の扶養』には入ることはできません。このため社会保険の資格を喪失する必要はありません。健保証も引き続きご自身の分を使用可能です。

〇税法での扶養には入れる可能性もあります
 一方、税法上の扶養には入れる可能性があります。税法上では1月1日~12月31日までの1年間の所得で確認するからです。

  1.  産休育休中に収入(賃金等)がない
  2. 自身の1月1日~12月31日までの合計所得が133万円以下
    → 賃金収入だけの場合、約201万6千円以下。
  3.  配偶者の合計所得が1,000万円以下
    → 賃金収入だけの場合、約1,195万円、所得金額調整控除対象の場合は約1,210万円。今回は育休中でのご質問のため、1,210万円以下となります。

 本来、税法上の扶養は、合計所得48万円以下(賃金収入だけの場合103万円以下)ですが、「扶養控除が受けられる」という意味での「扶養に入りたい」というご質問だと思いますので、配偶者特別控除が受けられるギリギリの所得金額を提示しています。また、育児休業中に雇用保険から育児休業手当が支給されますが、これは非課税のため、税法上の収入(所得)扱いとなりません。出産育児一時金や出産手当金も同様です。

ケースバイケースと申し上げたのは、産休や育休に入る期間は人それぞれで、例えば1月に休暇に入った場合は税法上の扶養となれても、12月から休暇に入るとそれまで11ヶ月分の賃金があり、税法上の扶養となれる金額を超えてしまうことがあるからです。配偶者控除や配偶者特別控除を希望する場合は、配偶者の会社での年末調整もしくは確定申告が必要です。申告がない場合は控除は受けられません。


~ その他ご不明な点があれば、お気軽にお問合せください ~

 相談室では、皆様からのご質問・取り上げて欲しい記事のリクエストを募集しています。

人事・労務管理のことなら
閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから