サービス紹介

労務問題・労働トラブル対応

  • 2万円の固定残業代を払っているだけ。サービス残業が心配
  • 外勤の従業員は、1日中外出で何をしているか分からないので残業代を払っていない
  • セクハラやパワハラなど?職場で「うつ」になったら大変らしい ・・・大丈夫かな?
  • 辞めさせたい従業員がいて、解雇は予告をすればよいと言われているが・・・大丈夫かな?
  • 就業規則や給与規程はあるが古いままで、実際には使っていない ・・・大丈夫かな? 
  • ユニオン加盟や弁護士が介入してきたらどうしよう ・・・大丈夫かな?
  • 突然、従業員から内容証明郵便で文書が届いた

閃光舎にご相談ください!

コンプライアンス整備で予防措置、トラブル発生事後措置まで対応いたします。

主な取り扱い業務について

労務問題防止対応

  • 労働諸法令、社会保険諸法令の遵守
  • 就業規則と関連諸規程の整備
  • 労働契約開始/労働契約締結等の従業員 募集・採用時の入社手続きが重要です
  • 在職中/職場生活における労務管理
  • 労働契約終了時/退職・解雇時のトラブル発生防止
  • 労務問題は、現場管理者の意識と教育研修が要となります

その他主な取り扱い業務について

  • 社会保険(厚生年金保険・健康保険)に関する事務手続き/社会保険の事業所としての新規加入・脱退手続き/社会保険の算定基礎・月額変更手続き/ 資格取得・喪失手続き等日常業務手続き/各種保険給付金の請求手続き
  • 労働保険(労災保険・雇用保険)に関する事務手続き/労働保険の事業所としての加入・脱退手続き/労働保険の年度更新「労働保険料概算確定申告」手続き/労災保険の保険給付申請手続き
  • 労務問題への応諾・助言・指導/一般的に中小企業経営者さまは、「役員・管理職・社員からパート・契約社員等を含む、経営に関わる人(ヒト)」と「収益性・資金繰り」の悩みさえなければ・・・と、苦労なさっています。そのような、社長さまのよき相談相手になり、良い会社づくりのお手伝いをさせていただくことにあります。

労務顧問報酬:月額2万円からご利用いただけます。

よくあるご質問(FAQ)

Q. うちの会社では、昔から給与計算は税理士、労務事務は社会保険労務士に委託しているが、労務問題にはなかなか相談に乗ってもらえない・・・といって、古い付き合いでお世話になっているので、乗り換えるわけにはいかないが、このままでは、心配です。

A. 外部委託は現状維持として、閃光舎を『労務顧問』とすることで、労務問題は安全・安心を確保できることになります。いわば、安心保険料としてお考えください。

「初回無料お悩み相談」では、御社の現況をお聞きし、どんな対応や手続きが必要なのか、リスクや問題があるのか、プロの目から見た判断をいたします。


Q. 業務を委託すると、その分コストが余計にかかるのでは?

A. コストは間違いなく下がります。

社内のご状況を思い浮かべてください。ご担当者は様々な社内業務も同時にこなしていらっしゃるのではないでしょうか?ご担当者が本来の業務以外をなさることで、そこには「見えないコスト」も発生しています。
間接部門のスリム化をすることで、その分、生産性が向上し、結果としてコストパフォーマンスの向上につながります。 また、労働トラブルが発生すると、その対応に多大な時間、労力、費用が発生し、経営・業務に支障をきたすことになりかねません。

我が社でもできる!!マイナンバー対策大公開

マイナンバーカードの交付がはじまりました。
ここではマイナンバー制度に関して企業が何をしなければいけないのか、具体的なステップをアドバイスいたします。

労務問題・労働トラブル対応のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから