サービス紹介

人事評価制度の構築と運用

企業は社会的責任を果たすために、厳しい経営環境の中で、継続的に利益を出し発展していかなければなりません。

そのためには企業は経営戦略を明確にし実現しなければなりません。人事評価制度には、この経営戦略を実現するための仕組みとしての役割と人材を活性化(能力とやる気の向上)するための役割があります。

経営戦略を実現するための仕組みとして役割を果たすために

  • 会社が生き残り、発展するために必要なことは成果を出すことです。そこで会社が各部門に求めている成果(期待成果)は何かを明確にします。
  • 次にその結果を出すために行っている重要業務は何か?各部門の従業員は自身が求められている成果を出すためにどのような業務を行っているのか、その中で成果に結びつきやすい業務を重要業務として抽出します。
  • そしてその重要業務を遂行する上で必要とされる、知識や技術はどのようなものがあるか?このような視点で成果から重要業務、さらには知識・技術項目を整理することで、経営課題の解決に直結する人事評価制度を構築することができます。

人材の活性化(能力とやる気の向上)の役割を果たすために

  • 従業員がやる気になる条件として、目標を明確にすることと、その目標を達成させる手段を明確にすること、さらには行った行動を会社(上司)が承認すること等が挙げられます。
  • これらの条件を整えると、従業員はやる気を高め、積極的に仕事に取り組むことによって、能力も向上していきます。つまり努力の方向性を明確にし、適切な評価をくだせる人事評価制度が効果的です。

これらに留意して制度構築しますと2つの役割を果たす制度が構築できますが、その前提となる要素も重要です。

それは従業員一人ひとりが安心して自らの業務に取り組むことができる環境づくりです。 就業規則は「会社で働く上でのガイドブック」ですから、従業員が安心して業務に取り組める環境づくりをします。

職場上のルールを明確にして、その中で自分の力を十分発揮する環境づくりが重要です。(詳しくは就業規則ページをご参照ください

  • 人事評価制度が日々のマネジメント活動の中に浸透し、企業文化形成の担い手となるためには、制度運用の如何がその成否の決め手となります。
  • 制度が全従業員に共通の指針となり浸透していくためには、運用主体である考課者(=管理者)の制度へのより深い理解と評価スキルのレベルアップが必要不可欠となります。
  • 評価の納得性を高めるためには、『人物評価ではなく、行動・事実の評価』をいかに忠実に行うかが重要です。そのためには日常のマネジメント活動を通して行動・事実の記録の積み上げ(マネジメントノートの記録)をしていただくことが必要となります。
  • しかし多くの企業でこの記録の積み上げができておらず、結局評価時期に記憶をたどった評価となり、結果として人物評価にならざるを得ない状況が散見されます。

閃光舎にご相談ください!

評価制度と賃金制度、一体となった御社にぴったりのシステムをご提案いたします。
明確なキャリアプランを提示できるようになるので、優秀な人材の定着率が違います。
御社の成長段階に合わせた再提案も可能です。

人事評価制度の構築

人事評価制度が果たす機能

  1. 昇給・賞与を決める根拠づくり機能
  2. 昇格・昇進を決める根拠づくり機能
  3. 配置・異動の根拠づくり機能
  4. 人材育成・能力開発機能

評価制度策定時の留意点

  1. 会社の方向性を明確に打ち出す
  2. 会社が期待する従業員像を打ち出し、従業員の努力の方向性をはっきりさせる(社内のベクトルを合わせる)
  3. 従業員参画型で策定し、自分たちの制度であるという感覚をもたせる
  4. 状況が変われば、制度内容も変わる。柔軟性をもつ

1.まず、面談のうえで御社のご要望内容をお聴きします。
2.弊社の人事評価制度コンサルティングサービスについて、御社にご理解いただけるようご説明をいたします。
3.御社と弊社の間で共有できた内容の確認を行います。※プロジェクト編成・期間・工程・工数等の概要
4.弊社から、企画提案とお見積りをいたします。
5.企画提案・見積り内容について協議を行います。
6.双方の合意が為されれば、契約締結となります。

我が社でもできる!!マイナンバー対策大公開

マイナンバーカードの交付がはじまりました。
ここではマイナンバー制度に関して企業が何をしなければいけないのか、具体的なステップをアドバイスいたします。

人事評価制度の構築と運用のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから