労務ニュース

兼務役員の雇用保険加入

      -社会保険の実務サポート ◆ 雇用保険の被保険者 ◆ 雇用保険の被保険者には、適用事業に雇用される労働者であって、1週間の所定労働時間が20時間以上、かつ同一の事業主に継続して31日以上雇用されることが見込まれる人が該当します。ただし、法令で適用除外とされている労働者は被保険者となりませ

個人型年金で事業主が行う事務手続き

      -社会保険の実務サポート ◆ 個人型確定拠出年金とは ◆ 個人型確定拠出年金(iDeCo)とは、公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金の一つで、加入者の老後の所得確保の手助けとなる制度です。企業型確定拠出年金とは異なり、掛金の全額を加入者個人で負担します。 従来は自営業者や、企業などに

雇用保険手続きの届出内容の訂正等

      -社会保険の実務サポート ◆ 雇用保険被保険者資格取得(喪失)届の訂正 ◆ 雇用保険の被保険者資格取得届を、事業所を管轄するハローワークに提出すると、資格取得確認通知書や被保険者証が交付されます。あとで被保険者資格を取得する人の氏名(ふりがな)や生年月日、性別、資格取得日などを誤って届け

社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の扱い

      -社会保険の実務サポート ◆ 「社会保険料控除」とは ◆  社会保険料控除とは、所得税の年末調整や確定申告の際に、自分自身の社会保険料(国民年金、国民健康保険、健康保険・厚生年金保険など)を納めたとき、または、配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料を納めたときに受けられる所得控除のこ

労災休業補償と死傷病報告

      -社会保険の実務サポート ◆ 「休業(補償)給付」とは ◆ 労災保険の「休業(補償)給付」とは、労働者が業務上または通勤途上において、負傷または病気になり、その療養のために働くことができず、その期間について賃金の支払を受けていない場合に支給されるものです。 通勤途上の災害の場合には、事業

被扶養者の収入増加で健康保険からいつ外れる?

      -社会保険の実務レポート ◆ 「被扶養者」の定義 ◆ 健康保険の被扶養者とは、圭として被保険者の収入により生計を維持している人をいい、被保険者の直系尊属、配偶者(事実婚を含む)、子、孫、弟妹、兄姉および被保険者と同居している3親等以内の親族や事実婚の配偶者の父母、子が被扶養者になることが

育休給付金の2歳までの支給期間延長(29年10月実施)

       -社会保険の実務サポート ◆ 改正育児・介護休業法の10月施行 ◆ 育児・介護休業法では、育児休業期間は、原則として子が1歳に達するまでで、保有所などにおける保育の実施が行われないなどの理由があれば、例外的に子が1歳6ヵ月に達するまで延長できるとしています。 法改正によって、この延長で

直接支払制度と受取代理制度(出産育児一時金)

       -社会保険の実務サポート  ◆ 出産育児一時金の請求方法 ◆  健康保険には、被保険者や被扶養者の出産に関して、出産育児一時金の制度があります。 出産育児一時金の請求方法は、大きく分けて2通りあり、自分で出産費用を産院などに全額支払ったうえで、あとで保険者(協会けんぼや健康保険組合など

腰痛の労災認定

       -社会保険の実務サポート ◆ 業務上の災害とは ◆  労災保険の給付対象となる業務上の災害とは、労働者の業務と傷病との間に一定の因果関係があるものをいいます。 業務上と認められるためには、業務が原因であるほかに、その前提条件として「業務遂行性」が認められなければなりません。たとえば、事

労使合意に基づく社会保険の適用拡大

       -社会保険の実務サポート ◆ 「適用拡大」とは ◆ 厚生年金保険および健康保険では、従来、厚生労働省の取り扱いとして、1日または1週間の所定労働時間数、および1ヵ月の所定労働日数が通常の就労者のおおむね4分の3以上の短時間労働者は、被保険者資格を有するものとされていました。 これに関し

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから