労務ニュース

仕事と家庭を両立できる職場作り

      -魅力ある職場作り  わが国では少子化が進行し、近い将来、労働力不足の問題に直面する可能性があります。企業や社会の活力を維持するためには、仕事と生活の調和を実現することが必要不可欠です。 こうしたなか、政府は仕事と家庭を両立するための様々な支援策を打ち出し、育児休業取得率は女性で8割を超

中小企業における両立支援

       -魅力ある職場作り ◆ 中小企業での両立支援の重要性 ◆ 近年の急速な少子高齢化により、労働力人口が減少しているなか、中小企業が今後も現在の経済力を維持し、さらなる発展を図るためには、様々な生活状況のなかで多様な働き方を希望する人材を活かし、戦力とすることが重要になってきています。 そ

高年齢労働者の安全と健康

       -魅力ある職場作り  労働安全衛生法第62条は、「事業者は、中高年齢者その他労働災害の防止上その就業に当たって特に配慮を必要とする者については、これらの者の心身の条件に応じて適正な配置を行うように努めなければならない」と定めています。 中高年労働者の労働災害を防止するには、設備面の対策

外国人と共に働く職場

       -魅力ある職場作り ◆ 外国人雇用の現状 ◆ 厚生労働省が公表した「外国人雇用状況」の届出状況のまとめによると、平成28年10月末現在、外国人労働者数は約108万人(前年比19.4%の増加)で、平成19年の届出義務化以来、過去最高を更新しました。事業所規模別にみると、30人未満の小規模

健 康 経 営

       -魅力ある職場作り ◆ 健康経営とは ◆  健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。 企業が経営理念に基づき、従業員の健康維持増進に取り組むことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や、組織としての価値向上へ

長時間労働の削減に向けて

       -魅力ある職場作り  昨今、長時間労働を起因とした過労死がメディアで取り上げられ、今年の春闘では賃金に加えて長時間労働の是正が焦点となっています。 長時間にわたる過重な労働は、脳・心臓疾患による過労死等を引き起こすのみでなく、精神障害の原因ともなります。また、「ブラック企業」のイメージ

障害を持つ人と共に働く職場

       - 魅力ある職場作り ◆ 障害者雇用の現状 ◆ 厚生労働省が公表した集計結果によると、平成28年6月1日現在、50人以上規模の民間企業に雇用されている障害者数は47万4,374人、実雇用率は1.92%と過去最高を更新したことが分かりました。 障害を持つ人の社会参加が進み、就職を希望する

仕事と介護の両立支援

       -魅力ある職場作り ◆ 介護離職の現状等 ◆ 総務省の「就業構造基本調査」(平成24年)によると、平成23年10月~24年9月の1年間だけでも、介護等を理由に離職した人が10万人以上という結果が出ています。そして今後、要介護者を支えなければならない就業者(15~64歳の世代)が急増する

冬季における労働災害の防止

      -職場の安全&衛生 ◆ 寒さと労働災害 ◆ 冬が到来して寒くなると、寒さゆえの労働災害が発生することがあります。 これから寒くなる時期ですので、寒さが引き起こす労働災害とその防止対策を見ていきたいと思います。 ◆ 社内の安全衛生管理活動による意識化 ◆ 冬ということを意識して、安全衛生委

特定自主検査

       -職場の安全&衛生 ◆ 特定自主検査強調月間 ◆ 11月は、「特定自主検査強調月間]です。これは、特定自主検査に対する理解と認識を高めることを目的として、公益社団法人建設荷役車両安全技術協会が主唱し、厚生労働省・経済産業者が後援、各労働災害防止団体が協賛して毎年実施されている取組みで、

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから