労務ニュース

年金の請求に関するお知らせ

   ~ 日本年金機構の「年金の請求をお忘れではありませんか?」より抜粋 ~ ★ 年金を65歳になってから受け取ろうと思っている人 ★  ⇒ 65歳前に請求手続きをしたことで、老齢厚生年金が減らされることはありません。  老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たしていて、厚生年金に1年以上加入し

年金の請求に関するお知らせ

   ~ 日本年金機構の『年金の請求をお忘れではありませんか?』より抜粋 ~ ★ 年金の受け取り開始を66歳以降に繰り下げているとき ★  ⇒ 請求手続きをしないと70歳になっても年金は自動的には支払われません。  昭和17年4月2日以降生まれの人は、65歳から受け取ることができる「老齢基礎年金」と

年金の請求に関するお知らせ

   ~ 日本年金機構の『年金の請求をお忘れではありませんか?』より抜粋 ~  老齢基礎年金(国民年金)や老齢厚生年金など公的年金は、受ける権利がある人の請求がなければ支給が開始されません。  しかし、年金を受ける権利があっでも自分は権利がないという思い込みや、仕組みが分からないなどの理由でこの請求

「ねんきん定期便」の年金記録に関するQ&A

   ~日本年金機構のよくある「誤解による相談事例」より抜粋~ 【厚生年金記録】 【Q】ねんきん定期便に記載されている標準報酬月額と給与明細を見比べてみると、給与は残業代などで毎月変動しているのに、標準報酬月額が変わっていないのはおかしいのではないでしようか? 【A】 「標準報酬月額(*)」は、原則

「ねんきん定期便」の年金記録に関するQ&A

   ~日本年金機構のよくある「誤解による相談事例」より抜粋~  国民年金や厚生年金保険に加入している人に対して毎年1回送られてくる「ねんきん定期便」には、これまでの年金加入期間、保険料納付額や最近の月別状況などが掲載されています。(年齢などにより一部記載項目が異なります)  ねんきん定期便に載って

在老年金の停止の基準額が変更(厚生年金)

      -社会保険・ワンポイントゼミナール ◆【質 問】◆  当社の66歳の嘱託社員から、最近届いた通知書に老齢厚生年金額の減額について記載があったと聞きました。  給与額は1年以上前から同じで、その間に賞与も支給していないので、通常ならば年金額の改定はないはずなのですが、これは年金のしくみが何

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから