労務ニュース

睡眠で休養がとれていますか?

仕事と健康  春 夏 秋 冬  昔から「春眠暁を覚えず」といいますが、あなたはいつも何時に就寝して、何時に起きているでしょうか。  「平成28年社会生活基本調査(総務省統計局)」のデータによれば、起床時間(平日)の全国平均は6時32分。都道府県別に見ると、もっとも早起きなのは岩手県(6時17分)、も

外国人労働者、最多の128万人

      -平成28年外国人雇用の届出状況  外国人雇用状況の届出に基づき、このほど厚生労働省が集計した結果によると、昨年10月末現在、日本で働く外国人労働者数は127万8,670人と前年同期に比べて19万4,901人(18.0%)増加し、5年連続で過去最高を更新したことが分かりました。 ◆ 外国

昨年の給与、4年連続でプラス

      -平成29年毎月勤労統計調査結果速報  厚生労働省が2月7日に発表した「毎月勤労統計調査」(速報、常用労働者5人以上の事業所が対象)によると、平成29年のパートを含む労働者1人1ヵ月平均の現金給与総額は前年比0.4%増の31万6,907円と4年連続で増加したことが分かりました。 なお、速

半数が介護支援に「出退社時刻の柔軟化」を採用

      -大同生命保険㈱の中小企業経営者アンケート  今号では、「仕事と介護の両立」をテーマに大同生命保険株式会社が中小企業経営者約4,000人を対象に行ったアンケート調査の結果をご紹介します。 Q1:従業員の介護状況をご存じですか? ◎ 約3割の経営者が「これまでに介護従事者がいた(「現在、介

年休取得率49.4%、やや上昇

      -2017年就労条件総合調査  このほど厚生労働省が発表した「就労条件総合調査」(2017年1月1日現在、常用労働者30人以上の企業が対象)によると、16年の年次有給休暇の取得率は前年比0.7ポイント増の49.4%とわずかに上昇しましたが、20年までに取得率を70%にするという政府の目標

平成29年の初任給と対前年増減率

注)・産業計には、上掲の産業のほか、鉱業、採石業、砂利採取業、電気・ガス・熱供給・水道業、不動産業、物品賃貸業、生活関連サービス業、娯楽業及び複合サービス事業を含む。・本調査の初任給は、通常の所定労働時間、日数を勤務した新規学卒者の所定内給与額から通勤手当を除いたものである。

賃上げ企業、前年を上回る

      -賃金引上げ等の実態に関する調査  厚生労働省が11月29日に発表した「賃金引上げ等の実態に関する調査」(常用労働者100人以上の企業が対象)によると、8月時点で、平成29年中に1人平均賃金(1ヵ月当たりの1人平均所定内賃金)の「引上げ」を実施したまたは予定していると回答した企業の割合が

70歳以上まで働ける企業、2割超

      -平成29年「高年齢者の雇用状況」  このほど厚生労働省は、高年齢者を65歳まで雇用するための高年齢者雇用確保措置(以下「雇用確保措置」)の実施状況などをまとめた平成29年「高年齢者の雇用状況」の集計結果を公表。今年6月1日現在、従業員31人以上の企業156,113社のうち、雇用確保措置

7割が「老後の所得保障の充実」を希望

      -社会保障における公的・私的サービスに関する意識調査  このほど厚生労働省が発表した「平成27年社会保障における公的・私的サービスに関する意識調査」によると、今後、充実させるべき年金や医療などの社会保障の分野(複数回答)として、69.4%の人が「老後の所得保障(年金)」を挙げていることが

糖尿病疑い、推計1万人に

      -平成28年国民健康・栄養調査  厚生労働省の「平成28年国民健康・栄養調査」によると、「糖尿病が強く疑われる人」の推計人数が4年前の調査より50万人増え、初めて1千万人台となったことが分かりました。 同調査は毎年行われており、それに基づいて数年おきに糖尿病の患者数を推計していますが、推

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから