労務ニュース

冷房温度をめぐる静かなバトル

仕事と健康  春 夏 秋 冬  6月1日からクールビズ実施という企業も多いことでしょう。ノーネクタイなどの夏の軽装がすっかり浸透してきた昨今ですが、これから真夏に向けて気温が上がっていけば、多くの地域において、冷房(エアコン)のないオフィスではとても仕事にならないでしょう。また、熱中症を予防するため

有給休暇の取得日数は年間9日、取得率は49.4%

     -平成29年「就労条件総合調査」にみる有給休暇の取得状況など 就労状況の現状を明らかにすることを目的に、常用労働者30人以上の民営企業を対象に毎年行われている「就労条件総合調査」(厚生労働省)。そのなかから、年次有給休暇の取得状況や基本給の決定要素について紹介します。 ◆ 基本給の決定要素

メンタルケアができる環境づくりを

仕事と健康  春 夏 秋 冬  ゴールデンウィークを過ぎたあたりから「五月病」という言葉を耳にするようになります。これは、新年度が始まる4月、就職や配置転換などで生活環境が変わったことによるストレスなどにより、5月頃から精神的に落ち込んだりする症状が現れることを総称し、そう呼ばれています。 「平成2

働く女性の出産や結婚が5年前より大きく増加

      -「平成27年度人口動態職業・産業別統計」の結果を厚生労働省が発表 5年に一度行われる「人口動態職業・産業別統計」の結果がこの3月に発表されました。ここでは、出生や婚姻における就業状態との関連について紹介します。 ◆ 有職の母の子の割合がアップ ◆ 平成27年度の調査結果によれば、1年間

睡眠で休養がとれていますか?

仕事と健康  春 夏 秋 冬  昔から「春眠暁を覚えず」といいますが、あなたはいつも何時に就寝して、何時に起きているでしょうか。  「平成28年社会生活基本調査(総務省統計局)」のデータによれば、起床時間(平日)の全国平均は6時32分。都道府県別に見ると、もっとも早起きなのは岩手県(6時17分)、も

正社員も短時間労働者も女性の賃金が過去最高に

       -平成29年「賃金構造基本統計調査」の結果を厚生労働省が公表  毎年7月に行われている「賃金構造基本統計調査」より、平成29年の賃金の現状を、企業規模別や産業別、雇用形態別などで紹介します。 ◆ 一般労働者の賃金は月額34万4,300円 ◆  調査の結果(平成29年7月実施)によると、

外国人労働者、最多の128万人

      -平成28年外国人雇用の届出状況  外国人雇用状況の届出に基づき、このほど厚生労働省が集計した結果によると、昨年10月末現在、日本で働く外国人労働者数は127万8,670人と前年同期に比べて19万4,901人(18.0%)増加し、5年連続で過去最高を更新したことが分かりました。 ◆ 外国

昨年の給与、4年連続でプラス

      -平成29年毎月勤労統計調査結果速報  厚生労働省が2月7日に発表した「毎月勤労統計調査」(速報、常用労働者5人以上の事業所が対象)によると、平成29年のパートを含む労働者1人1ヵ月平均の現金給与総額は前年比0.4%増の31万6,907円と4年連続で増加したことが分かりました。 なお、速

半数が介護支援に「出退社時刻の柔軟化」を採用

      -大同生命保険㈱の中小企業経営者アンケート  今号では、「仕事と介護の両立」をテーマに大同生命保険株式会社が中小企業経営者約4,000人を対象に行ったアンケート調査の結果をご紹介します。 Q1:従業員の介護状況をご存じですか? ◎ 約3割の経営者が「これまでに介護従事者がいた(「現在、介

年休取得率49.4%、やや上昇

      -2017年就労条件総合調査  このほど厚生労働省が発表した「就労条件総合調査」(2017年1月1日現在、常用労働者30人以上の企業が対象)によると、16年の年次有給休暇の取得率は前年比0.7ポイント増の49.4%とわずかに上昇しましたが、20年までに取得率を70%にするという政府の目標

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから