労務ニュース

2021年5月の人事・総務カレンダー

2021年5月の人事・総務カレンダーgogatu.jpg


■子ども・子育て拠出金率は据え置き
子ども・子育て拠出金の率は昨年から引き続き 0.36%のままとなりました。
※この拠出金については、被保険者(社員)負担はありません。

■5月10日(月)
4月分の源泉所得税・復興特別所得税・住民税特別徴収税額の納付期限となります。

※被扶養者の再確認をしましょう!
4月に就職している社員のお子様の被扶養者に関する異動手続きなどの漏れがないかを確認しましょう。


Current Topics

★ 春闘、平均賃上げ額は5,445円|連合

連合が発表した「2021春季生活闘争・第4回回答集計結果」によると、賃金改善要求を提出した5,080組合のうち、2,484組合(48.9%)が妥結。平均賃金方式での定昇相当込みの賃上げ額は5,445円となり、300人未満の中小組合は4,547円となっています。有期・短時間・契約等労働者の賃上げ額(加重平均)は、時給21.91円(月給4,445円)でした。


★ マイナンバーカードの健保証利用は10月へ延期に|厚生労働省
3月から導入予定だった、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるオンライン資格確認システムが10月まで運用開始が延期となりました。被保険者などのデータ登録に不備が多くあり、また医療機関の院内システムへのデータ読み取りにもエラーが発生しているため。プレ運用を当面続け、10月までに本格的な運用を開始するとしています。4月以降は、プレ運用対象の医療機関も約10万機関程度まで準備拡大予定とのことです。


★ 不妊治療両立支援コース助成金を創設|厚生労働省
4月より不妊治療のために利用できる休暇制度など環境整備に取り組み、実際に5日以上の制度利用があった場合に支給(28.5万円)。20日以上連続取得後、原職等復帰し3ヶ月以上勤務した場合は加算(28.5万円)支給されます。

人事・労務管理のことなら
閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから