労務ニュース

花上グループ 人事・労務問題相談室

 花上グループ 人事・労務問題相談室

36協定届が変わった...??

【 質 問 】

4月から36協定届が変わると聞きました。どのように変わるのか教えて下さい。

【 回 答 】

pasokon.jpg

 労働基準法では、労働者に労働させることができる時間は決まっており、それを法定労働時間といいます。また、法定休日とは、1週間に1日の休日(変形休日制を採用する場合は4週4日)と定められており、時間外と同じく、休日に労働させることは出来ません(災害の発生時等は除きます)。ただし、あらかじめ労使間で書面による協定を締結し、これを所轄労働基準監督署長へ届出ることで、法定時間外労働や法定休日労働をさせることが出来ます。この協定について、労働基準法第36条に規定されていることから、通称「36協定」(サブロクキョウテイ)と言います。

 この36協定届が4月より新様式となりました。押印、署名が廃止となり、協定を結ぶ労働者代表についてのチェックボックスが新設されています。

36kyouteitodoke1.jpg


 記載内容については、大きな変更はありません。届出様式ではチェックボックスとなっていますが、労働者代表については、「管理監督者ではないこと」「36協定締結のための代表者選出を明らかにした上での投票や挙手等での代表者選出であること」「使用者の意向に基づいて選出された者でないこと」が必要です。また、届出の後は、見やすい場所への掲示や、書面での交付等により労働者に周知することとなっています。

相談室では、皆様からのご質問・取り上げて欲しい記事のリクエストを募集しています。

人事・労務管理のことなら
閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから