労務ニュース

花上グループ 人事・労務相談室

花上グループ 人事・労務相談室

 社員が新型コロナウィルスに感染した場合の対応・・・!?


【 質 問 】
 新型コロナウイルス感染者が急増していますが、とうとう弊社でも感染者が確認されました。対象者について雇用調整助成金も申請していますが、どのような対応をすれば良いのでしょうか?

【 回 答 】
 新型コロナウイルス感染者が急増しています、いつどこで誰が感染してもおかしくない状況です。感染してしまったことを責めるのではなく、今後どのように感染を拡げないようにするべきなのかを考え、対策をとることが必要です。感染者についての対応をまとめました。

● 保健所からの指示に従う
 原則、保健所の指示に従ってください。濃厚接触者がいれば、指示に従って検査を受けましょう。濃厚接触者とされていない社員でも体調不良者がいれば、可能な限り自宅療養させ、可能であれば検査を受けましょう。消毒作業についても保健所指示に従います。待機期間の満了または医師からの復帰許可が出れば復職となります。

● 新型コロナウイルス陽性者は傷病手当金申請または労災申請
 新型コロナウイルス感染者については、療養のために休業する場合は健康保険の傷病手当金の申請対象となります。感染者が雇用調整助成金対象者だった場合でも、「陽性」と確認され、療養または待機期間から復帰するまでは雇用調整助成金ではなく、傷病手当金へ切り替えとなります(その他の休業させている社員がいる場合は感染者を除き、雇用調整助成金の申請が可能です)。

 このため、休業手当金の支給は必要なく、欠勤控除となります。ただし、濃厚接触者に休業してもらう場新型コロナウィルス検査合には、休業手当の支払いが必要となります(雇用調整助成金対象となります)。単に体調が悪く自主的に休んだ場合は、基本的には欠勤扱いとなりますが、会社側から休業を要請した場合には休業手当対象となります。

 なお、感染経路が業務に起因すると特定されたもの、感染源が業務に内在していたことが明らかに認められる場合は、労災保険の対象となりますので、やはり休業手当や雇用調整助成金は対象外となります。

 新型コロナウイルス感染の場合の傷病手当金申請は、入院以外の場合、医師の証明が貰えないことが多く、保健所より発行の「医師の届け出に基づく通知書」を添付したり、症状経過や自宅療養状況など別途確認(療養状況申立書)されることがあります。傷病手当金申請については、各健保組合により取り扱いや必要書類が違う場合がありますので、確認の上申請してください。

~その他、ご不明な点があれば、お気軽にお問合せください~


 相談室では、皆様からのご質問・取り上げて欲しい記事のリクエストを募集しています。

人事・労務管理のことなら
閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから