労務ニュース

今月の相談 休日出勤日に残業した場合と振替休日

労務のお悩み相談室 Q & A

今月の相談 休日出勤日に残業した場合と振替休日

【 質 問 】
 当社は、所定労働時間8時間、土曜日・日曜日を休日とする完全週休2日制ですが、人手不足のうえに繁忙期で納期も迫っていたため、就業規則に基づき、一部の社員に土日に休日出勤をさせ、翌週の平日に振替休日1日を与えましたが、その休日出勤日に残業をさせました。この場合、振替休日を与えたほかに、残業となった時間について残業手当を支払うべきでしょうか。


【 回 答 】 
 労働基準法上、労働時間は週40時間、1日8時間と定められそれを超える時間の労働については2割5分以上の割増賃金を支払う必要があります。また法定休日は週1回と定められています。この週1回の休日に出勤をさせた場合には法定割増率3割5分以上の割増賃金を支払わなければなりません。
 御社のように完全週休2日制の場合には、休日に関しては法定休日1日と法定を上回る休日1日を与えていることになります。 したがって、法定休日を土日のいずれかに特定しない限り、どちらか1日を出勤させても、もう1日の休日が確保されているので、その休日出勤日に労働した時間は「週40時間」を超える時間外労働として2割5分以上の割増賃金を支払うことになります。
 そして、土曜日、日曜日の休日2日ともに出勤した場合には、割増賃金の支払いは休日の労働時間に応じて、1日は「週40時間を超える労働」(時間外労働)として2割5分以上の率で、もう1日については法定休日の労働となるため3割5分以上の率で計算した賃金を支払わなければなりません。

 今回のケースは、土日2日の休日出勤のうち1日は振替休日を与えていますので、振り替えた1日は通常の労働日となり、休日労働ではなくなります。つまり、土日2日の出勤ともに、「週の法定労働時間40時間」を超える時間外労働として、2割5分以上の割増賃金を支払う必要があります。振替休日を与えたことにより、その休日労働が相殺されるものではありません。
 たとえば月曜日から金曜日までの所定労働日5日間に8時間、休日の土曜日に8時間、休日の日曜日に9時間労働し、翌週の平日1日が振替休日となった労働者への割増賃金の適用は、次のようになります。

 所定労働日の労働時間は1日の法定労働時間8時間と週の法定労働時間40時間を超えないので、割増賃金の支払いは不要です。土曜日の労働時間については、1日の法定労働時間を超えていませんが週の法定労働時間を超えるため、2割5分以上の割増賃金の支払いが必要です。日曜日の労働時間も、振替休日を与えたとしても、週の法定労働時間を超えることになるので、2割5分以上の割増賃金を支払わなければなりません。

      \今月のポイント/
振替休日を付与しても休日出勤は相殺されず、時間外労働の割増賃金を支払う必要があります。

人事・労務管理のことなら
閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから