労務ニュース

栄養を考えた食事で夏バテ予防

仕事と健康  

 暑い日が続くなか、疲れがとれなかったり、食欲がわかなくなったりと、体の不調を感じる人も多くなる季節。いわゆる「夏バテ」の状態です。しっかりと対策をとって、今年の夏も元気に乗り切りたいものです。

 暑さがもととなる夏バテのおもな原因と症状は、体内の水分やミネラル不足による脱水症状、食欲低下による栄養不足、外の暑さと屋内などの冷えの繰り返しや睡眠不足による自律神経の乱れなどです。なかでも、自律神社の乱れは、疲労感やだるさ、胃腸の不調などの症状を招きます。
  そのため夏バテ対策には、こまめな水分補給や十分な睡眠、体の冷やし過ぎに注意する、1日3食の食事の栄養バランスを心がけるなどが挙げられます。
 食事については、仕事の合間のランチや休日の昼食など、暑い日中はどうしても、そばやうどん、そうめんといった冷たい麺類が多くなりがちではないでしょうか。しかし、そればかりでは栄養バランスが偏ってしまいがち。いつも以上に意識して、多くの品目を摂るように心がけたいところです。

 積極的に摂取したい栄養素としては、夏に消耗しやすいために補給が必要なタンパク質。これは肉類や魚介類、豆腐や卵などに含まれています。また、糖質をエネルギーに変える働きをサポートして疲れにくくしてくれるビタミンB1。これは豚肉やうなぎなどに多く含まれています。
 よく夏バテ予防にはうなぎが効くといわれますが、古くは万葉集にも夏にうなぎを食べるとよいと詠んだ歌があります。うなぎには、発汗で失われがちなビタミン類や鉄分、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれており、とくにビタミンAは、100g 食べれば成人の一日に必要な量を摂取することができるそうです。とはいえ、今やうなぎは数が減っており、高級品。毎日食べるというわけにもいきませんが、同じような内容のランチが続いていませんか。栄養バランスを考えたメニューで午後の仕事もがんばりましょう。

うなぎ

人事・労務管理のことなら
閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから