労務ニュース

交通事故でけがをしたときに健康保険で治療を受けるには

      -社会保険の実務サポート

◆ 第三者行為による傷病届 ◆
 健康保険に加入している人が、交通事故など他人の加害行為が原因で病気やけがをしたときで、それが業務上や通勤途中ではなく、労災保険でカバーされない場合は、第三者行為による傷病として、健康保険で治療を受けることができます。
 第三者行為による医療費は、加害者が負担するのが基本となりますが、医療機関で応急の治療を受ける必要もありますので、通常と同じように健康保険を利用し、その後できるだけ速やかに「第三者行為による傷病届」を保険者(協会けんぽまたは健康保険組合)に提出します。
 これにより、保険者は被害者が加害者に対して有する医療費の損害賠償請求権を代わりに取得し、加害者の代わりに医療費を立て替えて支払います。その後、治療終了後に被害者に代わって加害者側(個人や保険会社など)に対し損害賠償として求償し、かかった医療費を返還してもらうことになります。(下図参照)

健康保険で交通事故治療を受けるには
 ただし、交通事故などの第三者行為において、被害者側に故意の犯罪行為や泥酔運転、無免許運転など、「著しい不行跡」が認められた場合には、保険給付の全部または一部が制限されることがあります。

◆ 確認が大切 ◆
 第三者行為で被害者となったときは、まずは加害者が誰なのかを確認することが大切です。交通事故では前記の「第三者行為による傷病届」に加害者側の情報を記載し、交通事故証明書のほか、事故状況の報告書などを添付することが必要となります。
 そのため、ごく軽い程度のけがであっても、相手の運転者からは、

 氏名・住所・電話番号のほか、
 自動車損害賠償責任保険と
 任意保険の保険会社の名称、証明書番号 などを

必ず確認しておくことが重要です。
 また、警察には届け出をしておき、後日、交通事故証明書を交付してもらいます。
 けがが重く、これらのことができないときは、本人の代わりに会社や家族などに事故の詳しい状況などを確認してもらうことが必要となります。

人事・労務管理のことなら
閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから