労務ニュース

「パワハラ」関係相談、5年連続でトップに!

        -平成28年度「個別労働紛争解決制度」の施行状況  このほど厚生労働省は、労働者と企業とのトラブルを、裁判に持ち込むことなく迅速に解決する「個別労働紛争解決制度」の平成28年度の施行状況を公表しました。 それによると、民事上の個別労働紛争に関する相談件数は25万5,460件で、前年度

6割が「業務分担等の見直し」で労働時間を縮減

       -大同生命保険㈱の中小企業経営者アンケート  今号では、「労働時間の縮減への取組み」をテーマに、大同生命保険株式会社が中小企業経営者約4,000人を対象に行ったアンケート調査の結果をご紹介します。 Q1:従業員の1ヶ月の平均残業時間は何時間でしょうか?   また、労働時間の縮減に向けて

従業員を熱中症から守りましょう

       -職場における熱中症予防対策  このほど厚生労働省が発表した「職場における熱中症による死傷災害の発生伏況」によると、猛暑だった平成22年以降、職場での熱中症による死亡者数及び4日以上休業した業務上疾病者数(以下、合わせて「死傷者数」という)は、毎年400~500人台で高止まりの状態にあ

「働き方改革」に向け業務分担の見直し等が課題

       -大同生命保険㈱の中小企業経営者アンケート  今号では、「働き方改革」をテーマに大同生命保険株式会社が中小企業経営者約 4,000人を対象に行ったアンケート調査の結果をご紹介します。 【 質 問1:「働き方改革」に向け実施したい取組みは何ですか? 】  ● 「労働時間の縮減」が約3割と

パワハラの判断に7割が苦慮

       -職場のパワーハラスメントに関する実態調査  このほど厚生労働省が発表した「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」によると、過去3年間に32.5%の人が職場でパワーハラスメント(パワハラ)を受けていたことが判明。その一方、回答企業の70%以上で、パワハラかどうかの判断が難しいという

8割が「従業員の定着」を目的に賃上げ

       -大同生命保険㈱の中小企業アンケート  今号では、「賃上げの実施意向」をテーマに大同生命保険株式会社が中小企業経営者約4,000人を対象に行ったアンケート調査の結果をご紹介します。 Q1:平成29年中に賃上げを実施しますか?   実施する場合、賃上げ率は何%(給与支給額の総額ベース)で

「能力開発費」は増加の見込み

       -平成28年度能力開発基本調査  厚生労働省の「平成28年度能力開発基本調査」(常用労働者30人以上の企業・事業所が対象)によると、企業が従業員の能力開発のために支出する費用(ここではOFF-JT費用)について、「今後3年間」の見込みと「過去3年間」の実績を比較すると、今後3年間は『増

年休取得率48.7%、やや上昇

       -平成28年就労条件総合調査 ( 厚労省発表 )  このほど厚生労働省が発表した「就労条件総合調査」(平成28年1月1日現在、常用労働者30人以上の企業が対象)によると、平成27年の年次有給休暇の取得率は前年比1.1ポイント増の48.7%とわずかに上昇しましたが、平成32年までに取得率

男女間の賃金格差、最小に

       -平成28年賃金構造基本統計調査  厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、昨年のフルタイムで働く女性の賃金(6月分の所定内給与額)は、前年に比べて1.1%増の24万4,600円と3年連続で過去最高を更新し、男女間の賃金格差は過去最小となったことが分かりました。 この調査

治療との両立に「時短勤務」が必要

       -がん対策に関する世論調査  このほど内閣府が発表した「がん対策に関する世論調査」によると、がん治療と仕事の両立のために必要な取り組みとして、52.6%の人が「短時間勤務が活用できること」を挙げています。この調査は昨年11月、全国の18歳以上の男女3千人を対象に実施されました。 ◆ 仕

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから