社外人事部ブログ

『会社から転勤の辞令が・・・拒否することはできますか?』

こんにちは!
閃光舎の嶋田孝太です(*^◯^*)
今日からブログデビューです!

今回はこんなご相談を受けました!!
───────────────────────────
(質問)
引っ越しを伴う転勤の辞令を受けました・・・今住んでる場所を離れたくありません(´;ω;`)
拒否することはできますか?
───────────────────────────
(回答)
原則、拒否できません!!

お仕事をする上で、勤務地というの非常に大きなポイントですよね。
『勤務地で会社を選んだ』という方も多いのではないでしょうか?

しかし、基本的に従業員は転勤を拒否できないことが多いです。

人事異動やそれに伴う転勤が行われる目的としては、組織の活性化やその従業員のスキルアップ、新天地での人脈形成等が挙げられます。
日本では解雇する条件が厳しい代わりに、人事異動や転勤をさせる権利を広く会社に認めています。
なので、就業規則で転勤がある旨を記載している会社さんも多いかと思います。

就業規則に記載されているとなれば、拒否することは難しいです。
さらに細かく規定されていれば、降格等の懲戒処分を受けることもあり得ます・・・((((;´・ω・`)))

ただし、転勤を拒否できる場合もあります!
例えば、
・家族に要介護者がいて、その従業員がいないと生活がままならない
・勤務地を限定して雇用契約を結んだ
・業務上の必要性が無い 

「一戸建てを買ったばかり」や「子どもの転校を避けたい」等は拒否の理由とはなりませんのでご注意を(^_^

転勤をするにしろしないにしろ、会社とトラブルになるのは避けたいですよね。
そのためにも、転勤の可能性がある会社なら、事前に上司とよく話し合いをしておくのがとよいと思います!

会社としては、転勤できない理由を申告されたらその事実について調査し、真摯に対応しなければなりません。
ちょくちょく転勤したくない話をしておけば、異動の候補者から外れる・・・かも?
転勤になったとしても、引っ越し費用の負担等配慮をしてくれる会社もあるかと思いますので、
会社の制度を把握し、活用しましょうd(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★今日のまとめ
①基本的に、転勤の拒否は認められない
②「家族の介護」や「勤務地を限定した雇用契約」等は拒否の理由となり得る
③日頃から上司とコミュニケーションをとり、トラブルを避ける
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


閃光舎の労務メールマガジンはじめました。
より濃い情報や、相談事例、プレゼント資料などがお得に配信しています♪
↓↓↓↓↓↓メルマガ登録フォームはこちら↓↓↓↓↓↓

https://a17.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=23&g=14&f=27

◇Facebook:https://www.facebook.com/senkousha/

◇Twitter:https://twitter.com/senkousha_iso

◇You tube:https://www.youtube.com/channel/UCS7LZ0QLLrM_cplWX6fRX_Q

◇事務組合:http://senkousha.or.jp/rousai/

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから