社外人事部ブログ

『交通費や通勤手当は年収に含まれる?含まれない?』

どうも佐藤望です('ω')ノ
今回はこんなご相談を受けました!!
───────────────────────────
(質問)
社会保険の扶養の範囲の130万の壁には、交通費は含まれますか?
───────────────────────────
(回答)
はい、社会保険の130万円の壁に交通費も含まれます!!

一般的によく言われる社会保険の扶養に入れる範囲の年収130万円。
この扶養の範囲の取扱いについては交通費や住宅手当や家族手当などの手当も含んだ合計です(*´▽`*)
そのため、年間130万円以上になったからと言って、その理由だけで必ず扶養から外れるわけではありません。
パート勤務で収入は不安定だけど、シフトの関係で一時的に130万円以上になった場合は扶養にとどまることもできます(^^♪
ただし、常勤して基準を満たすと認定されれば扶養から外れるのでご注意を。

交通費に関してですが、実は、交通費を年収に含むか・含まないかは「税制上の扶養」と「社会保険上の扶養」で異なるんです!!

「税制上の扶養」では、交通費や通勤手当を年収に含める必要はありません(非課税分のみ)
これは、税法上、交通費や通勤手当は所得に当たらないからですね( ゚Д゚)
そのため、給与の総支給額が103万円を超えなければ、配偶者控除を受けることができます(^^)b

一方、「社会保険上の扶養」では、金額に関わらず交通費も年収に含まれます!!
これは、厚生年金保険法でいう「報酬」が、被保険者が事業主から労働の対価として受けるすべてのものを指すためなんです。
だから交通費以外にも、家族手当・住宅手当などの手当も年収に含まれるんです"(-""-)"

この考え方をご参考に、ご家族が扶養の範囲なのか考えるご参考にしてください~(*'ω'*)
───────────────────────────
(まとめ)
①交通費も扶養の範囲を考えるのに含む
②税法上と社会保険上で交通費の取扱いが違う
③社会保険上は会社から支給されるものは労働の対価として取り扱う

閃光舎の労務メールマガジンはじめました。
より濃い情報や、相談事例、プレゼント資料などがお得に配信しています♪
↓↓↓↓↓↓メルマガ登録フォームはこちら↓↓↓↓↓↓

https://a17.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=23&g=14&f=27

◇Facebook:https://www.facebook.com/senkousha/

◇Twitter:https://twitter.com/senkousha_iso

◇You tube:https://www.youtube.com/

◇事務組合:http://senkousha.or.jp/rousai/

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから