社外人事部ブログ

雇用調整助成金申請、一番ミスが多いのは〇〇だった!

こんにちは。井上英美です。
さて、表題にもあるように実は雇用調整助成金申請において、
ミスが多いのは申請書類ではありません。
なんと〇〇なのです!
〇〇とはそうタイムカード(出勤簿)のことです。
意外なのですが、ここで漏れがあると認められてもらえないことも!  
今回はそんな雇用調整助成金の出勤簿について解説します。

────────────────────────────

[1]出勤簿・タイムカードは遡れる!?

一般的には毎日従業員が切っている勤怠打刻。

ただ、残念ながら実態は完備されていない会社も多く、
雇用調整助成金の申請時に困ったことに。

実は、実態に沿った形であれば、
遡って作成して雇用調整助成金を申請する企業も多いんです。
(推奨する訳ではありませんが・・・)

例:
・5月1日~5月31日までの勤怠
・土曜、日曜日:休み
・4日~6日  :GW休み

という場合であれば何も考えることなくそのまま書けば済みます。

気を付けるのは、『出勤しなかった日』が『公休』になるのか、
『休業させた日』になるのかの判別です。

後からでもさかのぼって休業日が分かるのであれば
この日は『会社の命令で休業させた』という形で、
出勤簿を記載する必要があります。

それ以外の『元々のお休みだった日』は、
『公休日』という形で記載すればよいでしょう。


[2]出勤簿の裏に潜む労働基準法違反

極論ですが、休業手当さえ払ってしまえば
雇用調整助成金がもらえるんじゃないか?と
考える企業さんもいるでしょう。

『出勤していなかった日』を全部『会社都合の休業日』にしてしまおう。
と仮に申請したとします。

もしこの会社が雇用契約書も交わしていなければ
(世の中にはごまんとあります)
休んだ日が、もともと休みなのか、会社の命令で休ませたのかも
分からないのです。

ただし、このような会社にはタイムカードで精査され
事後に労働局助成金センターから調査が入る可能性があります。

出勤簿は保管義務がありますので当然チェックされます。
例えば適当に休ませた日を増やしてしまうと、
『法定休日、休日が1日も無い』なんてことになり、
助成金とは別で労働基準法違反になってしまうこともあり得ます。

このような事態を防ぐためにも、出勤簿を遡って作成するのなら
実態に合わせて作成することが必須となります。

[3]この機会に「法定3帳簿」を整備する

(1)労働者名簿
(2)出勤簿
(3)賃金台帳

助成金申請を機会に、これらの「法定3帳簿」を整備する
良い機会にしていただければと思います。


===========================================
◆今週のポイント◆
【1】出勤簿の作成は実態に合わせて作成しよう!
【2】公休と休業させた日の判断を明確にしよう!
【3】支給申請の機会に「法定3帳簿」を整備しよう!
===========================================

ちなみに、出勤簿の保管は会社の義務となっています。
最後の出勤日から3年間は保存しなければなりません。

退職者の出勤簿に関しては、退職金請求権の時効が5年間なので
出勤簿は、5年以上保存することをおすすめします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
御社の就業規則、雇用契約書は大丈夫?
雇用調整助成金申請のために必要な書類の一部です。
『助成金申請前労働条件自主チェックリスト』プレゼント!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ読者様限定企画のご案内。


社内の労務体制や就業規則が安全に機能しているかを
自己診断できる『助成金申請前労働条件自主チェックリスト』を
プレゼントいたします!

ご希望の方は、以下のURLからご登録ください。

https://a17.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=23&g=34&f=67


こちらの2つの特典を受け取れます。

★特典1『助成金申請前労働条件自主チェックリスト』
★特典2『御社の就業規則』を無料診断


今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。


閃光舎の労務メールマガジンはじめました。
より濃い情報や、相談事例、プレゼント資料などがお得に配信しています♪
↓↓↓↓↓↓メルマガ登録フォームはこちら↓↓↓↓↓↓

https://a17.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=23&g=14&f=27

◇Facebook:https://www.facebook.com/senkousha/
◇Twitter  :https://twitter.com/senkousha_iso
◇You tube :https://www.youtube.com/watch?v=XvX9-mwrcD4
◇事務組合 :http://senkousha.or.jp/rousai/

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから