社外人事部ブログ

2020年9月から高報酬の人の厚生年金保険料が上がる?どれくらい上がるの?

どうも佐藤望です。
今回はこんなご相談を受けました‼

───────────────────────────
(質問)
2020年9月から高報酬の人の厚生年金保険料が上がりますか?どれくらい上がりますか?
───────────────────────────
(回答)
はい、2020年9月、つまり10月納付分から上がります!
額にして月々5,490円上がります。

そもそも、みなさんは社会保険料がどのように決まるかご存じですか?
保険料は、「標準報酬月額」という、月当たりの報酬を一定の金額ごとに区切り、
グループ分けした額に基づいて納付する仕組みになっています‼

例えば、月当たりの報酬が19万5,000円の方は、
その19万5,000円に基づいて保険料を納付するのではなく、
標準報酬月額=20万円というグループに割り当てられることにより、
その月の報酬相当額を20万円として、保険料を算定するという仕組みです。

現在では、その標準報酬月額のグループ分けの上限は31級の62万円とされており、
月当たりの報酬が60万5,000円以上の方は、その額が60万5,000円だろうと、
100万円だろうと、1億円だろうと、同じ上限の62万円として取り扱うんです。
月収が60万5000円と100万円の人も控除される金額も一緒ですし、
将来もらえる年金額も一緒ってことです。
それが、9月から標準報酬月額に32級という、
もう1等級上のグループが設定されることとなったので
保険料が上がることになったというわけなんですね。

結論、月当たりの報酬が63万5,000円以上の方は保険料上がりますので、
財務や経理の方はご注意して下さいね‼(この報酬には残業代や手当や交通費も含めます)

ちなみに、実は保険料のグループ分けの割合でいえば、
どの等級よりも上限のグループの保険料を納付されている人数の割合が多いんですよ。ビックリ~

───────────────────────────
(まとめ)
①9月から報酬63万5,000円以上の人の厚生年金保険料が上がる
②保険料は、「標準報酬月額」で決まる
③厚生年金の等級が31等級から32等級に新設される

閃光舎の労務メールマガジンはじめました。
より濃い情報や、相談事例、プレゼント資料などがお得に配信しています♪
↓↓↓↓↓↓メルマガ登録フォームはこちら↓↓↓↓↓↓

https://a17.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=23&g=14&f=27

◇Facebook:https://www.facebook.com/senkousha/
◇Twitter  :https://twitter.com/senkousha_iso
◇You tube :https://www.youtube.com/
◇事務組合 :http://senkousha.or.jp/rousai/

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから