社外人事部ブログ

直行直帰の移動時間は労働時間に含まれる?

どうも佐藤望です(^^♪
今回はこんなご相談を受けました!!
───────────────────────────
(質問)
従業員から直行直帰の際の、勤怠打刻はどうすればいいか相談されました。
自宅を出る際が始業開始時間なのか、現場に着いた時間が始業開始なのか?
───────────────────────────
(回答)
直行直帰の移動時間は、労働時間に当たりません!!
直行直帰の移動時間は、通勤時間と同じ取扱いになります。
なので、勤怠打刻は現場や営業先に着いてから業務開始する際が始業開始時間となります。
営業先などの目的地がいわば就労場所になっていて、そこに通勤しているのと考えられるからですね。

労働時間であるかどうかを決める基準は、会社の指揮命令下にあるかどうかです!!

通勤時間と同じように、直行直帰の移動時間は、会社から業務に関することを義務付けられていないので、指揮命令下に置かれているとは言えないので、労働時間ではないんです!!

例えば、建設業などによくある、一度会社に立ち寄って資材を車に積んでから現場に向かう場合、会社にきた時間からが始業開始時間になります('ω')ノ
この場合は会社の指揮命令下に入ると判断されるんですね~。

直行直帰の労働時間管理は留意する必要があり、特に本人の記載時間を修正させた場合、『改ざん指示』とも受け取られかねませんので、現在そのような管理を行っているのであれば、すぐに是正しましょう!!

でも、考えてみると労働時間かどうか悩む時間って意外と多いですよね('◇')ゞ
更衣室で制服に着替える時間、現場作業の待期期間、夜勤の仮眠時間など...
一度、確認されてみるといいかもしれませんね!!
───────────────────────────
(まとめ)
①直行直帰の移動は通勤時間として扱う
②会社の指揮命令下にあるかどうかが労働時間の判断基準
③一度、会社を経由するとその時間からが労働時間になる

閃光舎の労務メールマガジンはじめました。
より濃い情報や、相談事例、プレゼント資料などがお得に配信しています♪
↓↓↓↓↓↓メルマガ登録フォームはこちら↓↓↓↓↓↓

https://a17.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=23&g=14&f=27

◇Facebook:https://www.facebook.com/senkousha/

◇Twitter :https://twitter.com/qCG1V5kBKUk6tv0

◇You tube :https://www.youtube.com/watch?v=Z6oUx-smm7

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから