社外人事部ブログ

パパでも取れる育児休業!!

どうも佐藤望です。
今回はこんなご相談を受けました!!


─────────────────────────────────────────────────
(質問)
男性社員が初めて育児休業をとるのですが、女性社員となにが違うんですか?

─────────────────────────────────────────────────
(回答)
基本の制度上は、男性育児休業や女性育児休業というくくりはありません。
性別にかかわらず、本人が希望すれば男性でも女性同様に育休が取得することが可能です。
もちろん育児休業中は、社会保険料も免除になりますし、受給要件があれば雇用保険から育児休業給付金が男女問わず支給されます!!

女性の場合、出産の翌日から8週間は産後休業ですから、それ以降が育児休業開始日です。
一方、男性の場合、育児休業は出産日当日から取得することができます!!
出産日当日や翌日は有給で会社を休む人が多いかと思いますが、しかし有給ではなく育児休業を使うことができるのですね~。

そして、育児休業を2回取得できる「パパ休暇」という男性だけの制度もあります。
育児休業は1人の子供につき、原則1回だけですが、何日かに分けて複数回育休を取ることができれば良いのですが、これは認められていません。
しかし、「パパ休暇」だと出産後8週以内にパパが育児休業を取得し、そのあと、もう一度、育児休業を取得できるんです!!

これは、出産後の母体保護のためなんです。
労基法でも母体保護法は定められていて、産後8週間は就業させることはできないんです。
そういう背景から、出産後8週以内は体調の変化もあるでしょうから、その期間をサポートしてあげることで、育児休業を特別に2回取得できる制度が男性にはあるんですね。

育児休業には色んなパターンがあって夫婦両方、妻だけ、夫だけ、なんでもとれます!!
夫婦同時に取得する「パパ・ママ育休プラス」という制度を利用すると、原則「 子供が満1歳になるまでの間 」とされている育児休業ですが、子供が1歳2か月になるまで育児休業を延長することができます。もちろん、この期間の間は、育児休業給付金の給付を受けられます。

色んな制度がありますよね~(笑)
ただ、実際には収入の減少だったり、出世に影響するのではという懸念があったりして、取得される男性は少ないのでしょうかね。
男性が当たり前に育児休業を取得する時代はくるのかな...

ちなみに、男性が取得できる育児休業期間は、日本は世界1位のようですよ。

─────────────────────────────────────────────────
(まとめ)
1. 男性の育児休業は、出産予定日から取得できる
2. 「パパ休暇」で、育児休業をした場合、2回目の育児休業でも給付金が支給される
3. 夫婦同時に取得する「パパ・ママ育休プラス」という制度を利用すると、
 子供が1歳2か月になるまで育児休業を延長することができる

閃光舎の労務メールマガジンはじめました。
より濃い情報や、相談事例、プレゼント資料などがお得に配信しています♪
↓↓↓↓↓↓メルマガ登録フォームはこちら↓↓↓↓↓↓

https://a17.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=23&g=14&f=27

◇Facebook:https://www.facebook.com/senkousha/
◇Twitter     :https://twitter.com/qCG1V5kBKUk6tv0
◇You tube::https://www.youtube.com/watch?v=Z6oUx-smm7I

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから