社外人事部ブログ

自宅勤務:テレワークで気をつける労務問題3つのポイント

こんにちは。井上英美です。
今回はコロナウイルス感染拡大により、改めて注目されている
「テレワーク」に関するご相談です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(質問)
コロナウイルスの関係でテレワークを
導入検討しているのですが、何を気をつけたら良いですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(回答)
以下、5つのポイントが大切になります。

[1]テレワーク導入の注意点

ネット環境下での業務になるので、次の2点が大切です。

1) セキュリティ対策
 情報漏えい等リスクに備え、セキュリティに万全を期すとともに、
 働く人への教育・啓蒙も必要となります。

2)ITツールの導入
 PCの他、双方向のやりとりができるビデオ通話等の
 導入が必要となります。


[2] [テレワークのメリット]

1) 場所に拘束されない
2) ワークライフバランスの向上
3) 業務の効率化


[3] [テレワークのデメリット]

1) 労働時間の管理が難しい
  労働時間とプライベート時間の線引きが難しい。

2) コミュニケーションの不足
 会社に一同に会することが減り、メール等での
 事務的な仕事のやりとりのみになり兼ねません。
 また、連携不足等からミスが発生する危険性もあります。


[4] [デメリットを回避するために]

1) 労働時間の管理
  例えば、会社から貸与するPCにアプリの起動や操作時間を
  管理するソフトをインストールするなど、
  客観的に管理する方法を検討する必要があります。

2) コミュニケーション
  WEB会議システムを採用したり、会社に出社の際には一層の
  コミュニケーションをとることが必要です。

3) タスク管理
  仕事が個人のブラックボックスにならならず、
  情報共有できるようタスクを管理する。


[5] [従業員の抱える不安]

また、次の2つについても配慮が必要です。
1) 評価基準
2) 長時間労働


テレワークの場合、ビデオ会議等を利用しても
常に人と接しているわけではないので、
プロセス評価がしずらく、成果主義となってしまいます。

従業員は、そのために長時間労働となってしまうことも考えられます。
「テレワークのメリット」と「従業員の不安」は、
バランスが大切になります。


これから始まるオリンピック開催期間中や
大雪で出勤できない社員が出た場合、
臨機応変に、場所に拘束されずに仕事ができるようになるため
テレワークのメリットは大きくなりそうですね。


============================================================
◆今週のポイント◆
【1】トライ&エラーでつくる
 
  最初から確実な制度をつくろうと思わずに、
  まず小さな範囲を決め試行錯誤を繰り返し、
  会社と従業員が一緒になって決めていく
  就業規則に規定していなくても、
  都道府県知事より就業制限を受けた場合は、就業禁止になる

【2】逆効果にならないように注意する

  ワークライフバランスの向上のためにと
  従業員が隠れた長時間労働にならないようにする。

【3】コミュニケーションは今以上に

  ITツールでコミュニケーション頻度を活発化
  出社の際には、今まで以上にコミュニケーションをとっていく

=======================================================

コロナウイルス対策のテレワークが思わぬ効果を生むかもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テレワークの際はテレワーク規定が必要です。
テレワークする際には必須!
『会社を守る労働条件自主チェックリスト』プレゼント!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ読者様限定企画のご案内。

テレワークの際はテレワーク規定が必要です。

社内の労務体制や就業規則が安全に機能しているかを
自己診断できる『職場の労働条件自主点検チェックリスト』を
プレゼントいたします!

ご希望の方は、以下のURLからご登録ください。

https://a17.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=23&g=34&f=67

こちらの2つの特典を受け取れます。

★特典1『職場の労働条件自主点検チェックリスト』
★特典2『御社の就業規則』を無料診断

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

閃光舎の労務メールマガジンはじめました。
より濃い情報や、相談事例、プレゼント資料などがお得に配信しています♪
↓↓↓↓↓↓メルマガ登録フォームはこちら↓↓↓↓↓↓

https://a17.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=23&g=14&f=27

◇Facebook:https://www.facebook.com/senkousha/
◇Twitter  :https://twitter.com/qCG1V5kBKUk6tv0
◇You tube :https://www.youtube.com/watch?v=Z6oUx-smm7I

人事・労務管理のことなら
社会保険労務士法人 閃光舎へお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから